1/43+N

カテゴリ:Non-classification( 40 )

2015年を振り返ってみる

あまり積極的な年ではありませんでしたが、充実しておりました。

まず1/43ミニカーですが、Bugatti AtlanticAuto Union Typ Lucca、ついでのVW Golf7でした。
こんなものでしょう。もうこのスケールのミニカーには来季もあまり期待をしておりません。
1台でも「おっ」と思うものが出れば良いですね。

a0152790_16214510.jpg


1/18ミニカーはBugatti AtlanticPorsche diesel SuperTipo 61 Birdcageでした。
こちらのスケールは嬉しい1年でした。・・・が、価格の高騰でもう手が出ないですね(涙)

a0152790_16215259.jpg


Nゲージはなんと! 1台だけ(笑)C12
こっちはゆっくりとしたペースで。

a0152790_16214843.jpg


[PR]
by kawara-mono | 2015-12-26 16:39 | Non-classification | Comments(0)

2014年を振り返ってみる

今年はずっと収集のテンションが低かったのですが、12月にアイテムが集中。終わり良ければ全て良し?
1/43はホンダシティターボ、アウトウニオンのTyp Bストリームライナーの3台のみ。
しかもシティターボは予定外の入手でした。

a0152790_2182352.jpg


NゲージはSVT-137 KruckenbergD51なめくじ、おまけの貨車セキ3000でした。
蒸気はもう少し行くかと思っておりましたが、トミックスのは現代復刻版だったりしてスルーしたのでD51のみ。

a0152790_2182674.jpg


発売時期を分散してくれれば、数的にはいいペースになったと思うのですがね。
来期は程よく期待します。
[PR]
by kawara-mono | 2014-12-28 21:10 | Non-classification | Comments(0)

黒部渓谷鉄道【実機】

黒部渓谷鉄道のトロッコを初体験。
オープンタイプの客車に乗ったのですが、思ってた以上に楽しい旅でしたよ。

a0152790_22323376.jpg

愛嬌のある顔w

a0152790_22324794.jpg

アップ。「小さな事からコツコツと・・」○○師匠のようです。

a0152790_22324166.jpg

上の写真と違って窓が出っ張ってませんね。通風口の有無とかイロイロあるみたいですね。
四角い目のヤツも居ました。

a0152790_22325629.jpg

こんな雰囲気が魅力的な所でした。
以下ストラクチャーとして絵になる写真を少し。

a0152790_22330625.jpg

a0152790_22331262.jpg

a0152790_22331847.jpg

この電気機関車、模型として欲しいなぁと思って探したらワールド工芸製がHoナローであったのですね。
どんなに奇麗な風景を目に焼き付けても結局物欲に落ちるのでした。


[PR]
by kawara-mono | 2014-07-28 22:43 | Non-classification | Comments(0)

ワム90000 描いてみた

おもむろにワム90000を描いてみた。

a0152790_00101749.jpg

a0152790_00161697.jpg

あかん。全然分からん。難しいです。勉強が必要です。

[PR]
by kawara-mono | 2014-03-30 00:16 | Non-classification | Comments(0)

3D Printer

ホンダがH:Pで車のデータを公開していますね。→ Honda

a0152790_01013628.jpg

こういったDIY精神は素晴らしいと思います。
しかしモデルカーと呼ぶにはあまりに端折りすぎなので、コレクションとまでは行きませんね。
試しにFUYA-JOをCAD的なものに突っ込んで見てみましょうw

a0152790_01041105.jpg

ポリゴンがドスンと来ました。
計ると全長5cm程です。この車の正確な寸法は知りませんが、まぁノンスケールですね。
このデータを元に頑張ってスケールモデルにする人も居るかもしれませんが、私は面倒臭いのでそのまま。
しかし・・・単略化と言いますか、、、表現の仕方が変で、例えばドアモールは凹表現なら分かりますが何故に凸にしたのでしょう???

a0152790_01015692.jpg

3Dプリンターにて出力です。
ん〜、データそのまま(笑)当たり前ですが。
玩具とはいえ、すごい時代になったもんです。
そういえばどこぞのITショウに行った時に、家庭用3Dスキャンも展示されていました。
そんなこんなで新しいモデルカーの在り方/価値は変わって来ると思います。

[PR]
by kawara-mono | 2014-03-11 01:05 | Non-classification | Comments(0)

Hobby Center Kato

リニューアルオープンという事で行って来ましたよ。
随分久しぶりでしたが、リニューアル前より賑わっておりました。

a0152790_17115060.jpg
建屋横(写真右側)と奥にも駐車場がありました。

a0152790_17120650.jpg

目印の京急車両はまだ足場が組まれていました。

a0152790_17123507.jpg

店内は1Fに大きなレイアウトが、2Fにもズラリ。

a0152790_17125753.jpg

発売予定のターンテーブルを見る事が出来ました。
楽しみですね。

a0152790_17131979.jpg

個人的に気になったのがコレ。Hobby Train社製のSVT137-155。
前から欲しかったので画像は見ていたのですが、物を見たのは初めてで思っていた以上にクォリティが高くて驚きました。
シルバー単色なのもそう見せるのかもしれません。
行ったら欲しくなる、見ると欲しくなる・・・そのままハマってしまいました=3

[PR]
by kawara-mono | 2014-03-09 17:17 | Non-classification | Comments(0)

2013年を振り返ってみる

また、あっという間に1年が終わろうとしています。
今年は以下のアイテム入手のみでした。新しく他スケールに手を出したのが新鮮な1年でした。

1/43は M-B W125 World Record CarBugatti Type57SC Atlantic のみ。どちらもMinichampsです。

a0152790_22014134.jpg

1/87と1/18を初めて手にしてみました。
Bugatti Atlantic と Bugatti typ 35。古いブガッティばっかり=3

a0152790_22070995.jpg

1/18はCMCレベルのクォリティにてじっくり愛でる世界観で、展開次第では今後も増えるかもしれません。

ミニカーは正直、欲しいと思うアイテムの無い年でした。
自身の気持ちの離れと同時に、HPIのミニカー事業撤退や某老舗ショップの移転にて店舗面積縮小など、ショックな年になってしまいました。
中国生産を行っているメーカーはどこも同じ悩みを抱えていると思いますが、このままミニカー業界は衰退してしまうのか?
それともどこぞのブランドがブレイクスルーを興して新しい価値を見いだすのか?

Nゲージも収穫の少ない1年でした。
ドイツの Glaskastenトラ45000

a0152790_22071813.jpg

2014年は沢山SLが出そうなので、ミニカーと違ってこちらは楽しみです。

[PR]
by kawara-mono | 2013-12-25 22:29 | Non-classification | Comments(0)

TMS 2013

東京モーターショーに行ってみました。
2年前の前回より全然活気があったように感じます。スポーツカーが多かったからでしょうか?現実的な軽自動車の提案が面白かったからでしょうか?
とにかくすごい人で、じっくりと見る事が出来ませんでしたが少し紹介です。

a0152790_02453187.jpg
前から見てみたかったのがこのVW XL1。赤くなりましたがミニカー的にはシルバーでいいかな?
スパークからコンセプトの時のモデルが出ていましたが買い逃しました。
プロダクションモデルでのモデル化を望みます。

a0152790_02462684.jpg
YouTubeなどで観てはいましたが、実車の方がより奇麗で優雅なM-B Sクーペ。

a0152790_02464104.jpg
そのM-Bブースはミニカーを素敵に並べていました。

a0152790_02465425.jpg
BMWのi8は世界初のレーザービームでのヘッドライトらしかったのですが、点灯してくれませんでした。
プロジェクターでの目玉表現ではなく、幾何学な造形が増えてきたようです。ミニカーはレンズ裏側にボスを立てて目玉表現をしながら固定も兼ねていましたが、新たな合わせ方をしないといけませんね。

a0152790_02470668.jpg
私の周りでは批判しか聞かない(笑)ヤンマーのトラクター。
でもミニカーになると売れそう(笑)

a0152790_02472013.jpg
技術展示ブースにも行ってみました。
これは透明板の間に液晶を挟んでいる外光液晶でしたが、プロジェクターと合わせてこのような景色を投影してました。サイネージの業界やエンタメ系での技術を安くしてくれれば、新しいミニカーの展示も可能になると感じました。F1マシンのバックにモナコの風景が流れるとか?
な〜んて実車のある生活よりミニカーになった時を妄想して見てました。

[PR]
by kawara-mono | 2013-12-01 02:16 | Non-classification | Comments(0)

疑問

ずっと思っていた疑問の1つです。
ミニカーって年々クォリティが上がっていますよね。
3Dデータを用いて実車の印象に近いフォルムを追求するのはもちろん、モールドのシャープさやディテールの細かさ、インテリアの正確な再現など。
車は基本タイヤが大きく見えてホイールハウスとのクリアランスは狭く、地面に踏ん張った形状がカッコ良く見えるもんです。ミニカーは実車ではありませんので、ある程度の嘘(ディフォルメ)が出来ます。が、タイヤは特に表現の変化が見受けられません。

a0152790_0503130.jpg

上の絵は左が実車のイメージ、右がミニカーのタイヤです。
ええ、静加重での半径が反映されていないのですね。
走行時の膨張率やエレベーションでの沈み込みとか細かい事は言いませんが、ミニカーのようにタイヤは地面に“点”で接地してません。その自重での重みによってタイヤは然るべき断面になります。
どうしてこれを再現しないのでしょうか?
エンジンのヘッドの再現やディスクブレーキのパターンは配慮するのに?
1/43など小さいスケールは誤摩化せますが、1/18は是非再現して欲しいです。

・・・やっぱりコロコロ動かすのが前提?
あるいは3年程放っておいたら勝手に沈み込む?
[PR]
by kawara-mono | 2013-10-23 01:01 | Non-classification | Comments(0)

整理

2011年秋頃から進めて来たミニカーの整理が出来つつあります。随分スッキリしました。
収集のコンセプトチェンジですな。

a0152790_23275647.jpg

かつては働く意欲にも成り得る程の没頭ぶりをみせ、純粋にこんな車が欲しいと憧れた時期を通り過ぎ、小遣い制にもがいた日々... しかし今はもがく事もなくなりました。
最近の実車を見ていると、若者の車離れじゃないけど興味が持てなくなってきました。
コレクションもどんどん古い方向へ行き、自分がどこにフェチズムを感じるか、ミニカーを持って生活の中でどこに至福を感じるかが明確になってきました。

新しい刺激を求めて、新たなスタートです。
[PR]
by kawara-mono | 2013-10-16 23:35 | Non-classification | Comments(0)